2017
9 26 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2017年9月21日

大阪屋栗田「楽天ポイント」書店で奏功/大阪屋栗田副社長・服部達也氏に現状と展望を聞く

*
服部達也副社長
 大阪屋栗田が導入を推進する楽天ポイントサービスで、成功事例が増えている。なかでも期間限定で開催している「ポイント5倍キャンペーン」においては、参加店舗全店で平均売上げが前年同期比5%増を記録しており、非実施店舗比較で15%増になる書店もあるという。陣頭指揮を執るのは昨年4月、楽天グループから大阪屋栗田に派遣されている服部達也副社長である。楽天との連携によってこれからさらに進化していく書店マーケティングサービスの現状と展望を聞いた。(聞き手=丸島基和)

新聞の「出版情報・広告」活用を/「書店の情報源としての新聞」/新聞3社が冊子制作

 読売新聞、毎日新聞、中日新聞の各東京本社広告局はこのほど、書店員が新聞書評や広告をどのように活かし、売場づくりをしているかを紹介する冊子「NEWSPAPER×BOOKSTORE 書店の情報源としての新聞」を共同制作。出版社・書店関係者に向けて配布している。新聞の書評や広告などでヒット作をつくった小学館、中央公論新社、サンマーク出版の担当者インタビューも掲載され、それぞれの成功事例が紹介されている。

大阪屋栗田、ARで「コミック試し読み」/講談社の6タイトル・8点対象に、26書店で10月末日まで

 大阪屋栗田はこのほど、講談社のコミックフェア「ポンコツヒロインフェア」の6タイトル・8点を対象に、ARを活用した「店頭コミック試し読みサービス」を始めた。シュリンクして中身を確認できないコミックス売場で、コンテンツの魅力を電子版でアピールし、購買に繋げる。大阪屋栗田と取引のある26書店で10月31日まで行う。
ページのトップへ