2018
10 23 曜日
|ログインしてください 文字サイズ 
2018年10月18日

万引きGメンが語る犯行の実態と防御策/万引き対策専門家・伊東ゆう氏に聞く

*
万引き対策専門家・伊東ゆう氏
 警視庁の調査によると、この10年間の万引き認知件数は減少傾向にあるものの、1件あたりの被害額が高額になる割合が増えている。〝プロ〟による犯行が増え、書店界では「顔認証システム」の導入も検討されているが、万全の対策であるとも言い切れない。万引犯の「生態」と「対策」について、現役の万引きGメンで、執筆や講演でも活躍中の万引き対策専門家・伊東ゆう氏に話を聞いた。(本紙・杉本憲史)

トーハン、新刊書籍発送拠点を移転/「SGリアルティ和光」へ、来年5月7日から業務開始

 トーハンは来春、東京・新宿区の本社内にある書籍新刊の発送拠点を、埼玉・和光市新倉5丁目にある「SGリアルティ和光」3階に移転し、来年5月7日から業務を開始する。これは2021年春をめどに進められている「本社再開発計画」の一環。これまで各種会合で近藤敏貴社長が触れていたが、今回初めて具体的な移転場所を発表した。

有隣堂、「誠品生活」(台湾)のライセンシーに/「コレド室町テラス」にワンフロア出店

 有隣堂は来年の秋、東京・中央区で開業する商業施設、日本橋室町三井タワーの「COREDO室町テラス」2階において、台湾で書店や雑貨店などを展開する誠品生活をライセンシーとして運営することを決めた。有隣堂が2階のワンフロア877坪を借り、その一部を飲食や物販を手がける企業などに〝また貸し〟するかたちで、「書籍」「文具・雑貨」「ワークショップ」「レストラン・食物販」の4ゾーンをつくる。
ページのトップへ